Le Max 2買った(今更)

面倒なので画像上げません。

 

ZenFone3を1年ほど使っていたのですが、飽きたのでLe Max 2とかいう中華スマホ買いました。

毎度のことながらこのスマホなら2年戦えるとか言って2年使ったためしがありません。

 

2016年5月発売のスマホで、正直もうすぐ型落ちになる端末なのですが、

このスマホを超えるコスパの持ち主が見当たらなかったので即決しました。

 

Snapdragon820という、当時ハイエンドのCPUに、4GBと十分にあるRAM

5.7インチのWQHD液晶と、現時点でもまだハイエンド級の性能を誇るスマホです。

 

これが18,000円で手に入るというのだから驚きです。

ちなみに比較的新しい端末で、同価格帯のものは、ASUS Zenfone LiveやZenfone 3 Maxなんかが当てはまります。

これらの端末のSoCはSnapdragon400とかなので、820の足元にも及びません。

 

ということで写真はありませんが、開封・使用レビューをしていこうと思います。

 

◆開封式

GearBestで購入したら大体そうなので、もう慣れっこなんですが、

届いた時点で明 ら か に 開 封 痕 が あ り ま す

そして新品のはずなのに落としたと思われる打痕や傷が・・・

ショップROM焼くのはいいですが、商品なのでもうちょっと丁寧に扱っていただきたいです。

 

そして、ほかの方のレビューでは、TPUケースが付属しているとのことだったのですが、

私の買った箱には入っていませんでした。

一緒にハードケースを購入したため、必要ないと思いぬかれたのでしょうか・・・いい加減なものです。

 

◆ROM焼き

中国産ショップROMには何が仕込まれてるか分かったものじゃないので、さっさとROM焼きしてしまいます。

Le Max 2はxdaにスレッドもあり、ROMも色々アップされているのでROM焼きには困りません。

私はオフィシャル版としてアップされている7.1.2のRRを焼くことにしました。

 

◆使用感

5.7インチだけあって画面が広いと感じたのが第一印象。

次に感じたのが電池の減りの速さです。

前の機種が省エネ志向のSoCで、今回の機種は大画面の液晶とハイエンドSoC搭載なので無理もないのですが、

製品自体それなりに重量があるので、もう少し電池容量欲しかったなあと感じました。

 

◆いいところ

・デレステがサクサク動く

→WQHDのくせに3Dリッチでもあまりコマ落ちしなかったです。常に30fps以上は出ていた印象

先日デレステ用に購入したiPad Pro 9.7よりよく動く気がします。

このコスパでハイエンドSoC積んだ中華タブレット出てくれ、頼む

 

・画面が綺麗

→WQHDということで文字がクッキリ映ります。一度に表示できる情報量も多く、ネットサーフィンやTwitterがはかどりそうです。

 

◆よくないところ

正直この価格でこのスペックの端末が手に入ったので、大満足なのですが強いて言えばという点がいくつかあるので挙げます。

・イヤホンジャックがない

→iPhone7より先にイヤホンジャックがなくなったので世界初とか言われてますが、それ以前にN-04Dとかすでにイヤホンジャックなかったんだよなあ・・・

それは置いておいて、3.5mmジャックが刺さらないの普通に不便なのでやめてほしいです。

 

・SDカードスロットがない

→32GBの内蔵ストレージのみでは少し心許ないです。上位機種に64GBとかもあるみたいですが

 

・電池持ち

→上で書いた通りです。

 

総評

スペック ★★★★★

液晶 ★★★★★

値段 ★★★★★

電池 ★★★☆☆

I/O ★★☆☆☆

 

小日向美穂ちゃんが可愛いので10点満点中9.5点です。

近いうちにiPhone8Plus買います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です