P名刺を作ろう

シンステに持っていくための名刺を発注したら、納期が延びて間に合いませんでした。
いなばです。

アイマスの現場やイベントでは、名刺を交換することが文化となっています。

もちろん、自宅のプリンタで印刷したものでも名刺として使えますが、
どうせなら良いものを作って持っていきたくありませんか?

これは私調べなのですが、趣向を凝らしたり、印刷業者できれいに印刷した名刺を渡すと、
そうでない場合に比べ50%くらいTwitterをフォローしてもらえる可能性が上がります。

え、Twitterをフォローしてもらうために名刺交換してるわけじゃない?えぇ・・・そう・・・

いるもの

  • Adobe Photoshop
  • Adobe Illustrator
  • 素材
  • 10連1回回す分くらいの金
  • 担当への愛

イラレとフォトショ持ってない?買え。

よくGIMP(フリーの画像編集ソフト)なら無料で作れると紹介されていることがありますが、
テンプレートを開けなかったり、正しく入稿できないことがあるのでおすすめしません。

GIMPで入稿データ作成するくらいならWordとかPowerPointで入稿したほうがマシです。
(特殊加工はできません)

1.フォトショないしイラレで適当に名刺をデザインします。

私はイラレ使えないタイプの人間なので、極力フォトショで済ませます。

名刺のサイズは91x55mmです。
印刷会社のテンプレートの上にそのまま作成してもよいですし、
別ファイルで作成したものを後で合体させてもよいです。
私は後者の方法で作っています。

テンプレートで作る場合は塗り足し線まで、別で作る場合は、
1周り大きい95x59mmくらいでキャンバスを作りましょう。
 
データは必ず、CMYKのカラースペースで作成しましょう。
RGBで作成すると色がズレます。

TwitterやゲームIDを記載するときは、可読性の高いフォントを使用した方が良いです。
可読性の低いフォントで、かつ字が小さいとマジで何が書いてあるか読めません。

データの作成が終わったら、フォントはラスタライズしておきましょう。
これをしておかないと100%データ不備で突き返されます。

2.箔押し用のデータを作成

箔押しや、部分コーティング等の特殊加工を行う場合、ベクトルレイヤーが必要です。

私の場合、担当のサインを箔押しにしました。

イラレがあればとっても簡単。まず、サインの画像を拾ってきます。白黒がいいです。
解像度は高いほうが良いです。

次にイラレに取り込みます。

取り込んだ画像を選択して、画像トレースを使いパスにします。
微調整を行って完了です。

3.入稿データの作成

ここまで別ファイルでデータを作ってきた人は、テンプレートにデータを取り込みます。

テンプレートに記載の指示に従って画像を配置します。

先ほど作成した箔押し用データも取り込み、配置します。
この時、色が指定されているときは、きちんとその色に合わせましょう。
私が利用している業者の場合K100%の指定です。

4.入稿

テンプレートや入稿ページの注意事項に沿ったデータが作成できていることを確認したら入稿します。

翌営業日くらいに入稿完了かデータ修正依頼のメールが届くため、こまめに確認しておきましょう。

入稿完了のお知らせが届いたらあとは届くのを待つだけです。

よくありそうな質問

Q.紙の種類が多くてどれ選んだらいいかわからない
→サンプル取り寄せて

Q.オンデマンド印刷とオフセット印刷の違い
→オンデマンドは早い、安い
オフセットのほうがきれい。ただしロットが少ないほど1枚当たりの単価が高い

Q.印刷業者どこ選んだらいいかわからない
→発注枚数、やりたいこと、予算等から最適な業者を選ぶべし
どこがいいか一概には言えない

以上、だいぶ端折りましたが、大体こんな感じで名刺作ってます。

みなさんの渾身の名刺を見せてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です